言行不一致

モモンガの営巣木を倒してしまいました。現場は標高1670mぐらいのカラマツ造林地。実生の形の悪い樹高8mほどのアカマツを倒したところ、私の横の地上を何かがスルスルと走りぬけるではありませんか! 彼女(たぶん彼女)は私から5mぐらい先の細いミズナラに身を隠しながら、こちらの様子をうかがっています。急いで携帯電話を出して「パチリッ、」。
 この木を倒すとき、鳥の古巣があるな、とは思っていたのですが、確認してみるとそれは現役の巣でした。

 日頃から「たとえ生産を主目的とした人工林と言えども、この野生生物の豊富な国土の3割近くを覆っているのだから、手入れの際にはもっと生物の暮らしに配慮する必要があるのでは」と言っている本人が、結局はこういうことをやっているのです。この日(おととい)は一日憂鬱な気分になりました。 …実はこういうことは時々あるのです。

070416momo3.jpg

070416momo4.jpg

上の画像の矢印部分の拡大です。子供はまだ母モモンガのお腹の中なのか、それとも巣の中なのか、確認する術はありません。

070416momo5.jpg

手前の手袋の大きさから、巣のサイズがわかるかと思います。巣は枯れ枝をかご状に組み合わせた中に、落ち葉を編むようにして作られていました。

“言行不一致”への トラックバック ( No )

“言行不一致”への コメント ( 2 )

  1. こーりきーさんの コメント

    おっ
    貴重な映像ですね・・
    子供は
    きっと
    まだお腹の中
    大丈夫でしょう!
    野生は
    強いものです(^^)
    一日憂鬱な気分になられる
    かなめさんですから
    モモンガ子ちゃんも
    ビックリしたけれど
    又元気にしていますよ

  2. かなめさんの コメント

    こーりきーさん、やさしい言葉をありがとうございます。
     
     親が駆け出したのを見て、慌てて伐倒した木の、巣のある部分を立ててきましたが、果たしてこの巣を使ってくれるかどうか。
     こんなことでウジウジしていては商売にならないのですが、いけませんねぇ。まだあのまなざしが忘れられません。

コメント

(必須)

(必須)
(メールアドレスは公開されません)