遊歩道の階段

先日”修景作業”でもお伝えした武蔵野市の施設で、施設内の遊歩道のメンテを行いました。長年の雨の浸食により、滑りやすい場所や落石危険箇所があるので、ルート変更や階段の新設が主な内容です。

100711stairs.jpg

 画像は最も長い階段設置場所。全部で80段あります。あまり「至れり尽くせり」というのもありがた迷惑なのですが、遊歩道となると適度な歩き易さも必要だと思います。
 この夏、この階段で、いくつの新しい”森の思い出”が生まれるのでしょうか。

コメント

(必須)

(必須)
(メールアドレスは公開されません)