嬉しい再会

今年度から始まったフォレストワーカー研修。現場で働く人たちを1年目から3年目までの3段階でフォローしてゆきます。

 その1年目の皆さんの実習のお手伝いをすることになり、研修会場に行ってビックリ。なんと昨年「就業者支援研修」という、林業にまだ就いていない人たちのための研修でお会いした方が、無事事業体に就職することができ、今回再会したのです。
 他にも、昨年末、緑の担い手の検査でうかがった事業体の方からも声をかけられ、嬉しい再会となりました。

 これからも元気で、地域の山の担い手として活躍していただくことを願っています。

110708fw1.jpg

 こちらは、今回私が実習を担当させてもらっている皆さん。1年目とは言っても、高性能機械バリバリの現場で働いている人や、機械整備のプロもいて、こちらが勉強させてもらっています。
 ところでこの6輪の名車、皆さんはご存知ですか?

トラックバックURL: http://somabito-w2.blog.avis.jp/archives/601/trackback

“嬉しい再会”への トラックバック ( No )

“嬉しい再会”への コメント ( 6 )

  1. 突然のMさんの コメント

    私の記憶が間違いでなければ、たしか ~・・・・・

     オイカワ君の parents go ? conscience go?・・・・
    だと思いますが ~・・・
     

  2. かなめさんの コメント

     突然のMさま、お久しぶりです。暑い日が続きますが、お変わりありませんか。

     両親(parents) 良心(conscience)…。
     なーるほど。いつもながらのひねったお答え、ピンポ~ンです。
     及川自動車 リョウシン号です。今、新車を売っていないのが不思議なくらいに、
    今回、使い易さを感じましたが、絶滅の原因は何だったのでしょうか。価格かな?
    噂をご存知でしたら教えてください。
     ちなみにRM-8 WA-6型と言うんですね。

     この長野県林業総合センターには、もう一台、幻の林内車、デルピス(農林機械研究所)があります。

  3. 井出さんの コメント

    旅行から全員無事帰宅?しました。要さんには特別なおみやが行きますのでよだれを垂らしてお待ちください。(被る嗅ぐは人前ではおやめください)
    追伸 次は必ず参加しなさい。

  4. かなめさんの コメント

    井出さん、返事が遅くなりすみません。
    新緑会の旅行のお土産、先日、むじんの席で確かに受け取りました。
    こころのこもったお土産をありがとうございます。家宝として、厳重に保管させていただきます。
    ただひとつ苦言を申しますと、パン○トは石油製品なので持続可能性という点で今ひとつかと思います。
    これからはやはり絹か木綿ではないかと…(笑)

    次回はお土産のご心配をいただかないよう、スケジュール管理いたします。

  5. 佐藤 さんの コメント

    及川自動車が倒産したあと・・10年前になりますが、そこの技術スタッフが数名別会社に入り、今でもリョウシン号の修理や製造もやっていますよ。

    登米町の(株)伸光商事です

  6. かなめさんの コメント

    佐藤さん
     名車の製造を続けてくださっているとのことで、絶滅などと書いたことを、
    製造、修理をしている皆さんに心からお詫びいたします。申し訳ありません。
     (株)伸光商事様 了解です。及川自動車さんも、同じ町内のようですね。
    今回、伸光商事様のサイトを探してみましたが、見つかりませんでした。

     私的なことですが、登米町は私の祖父が眠っている地です。私が生まれた
    時には他界していましたが、不思議な思い出のある場所です。いつかまた、
    おじゃましたい。そんな気持ちになりました。
     コメントをありがとうございます。

コメント

(必須)

(必須)
(メールアドレスは公開されません)