ローラー破損

111214segyou.jpg

 今働いている現場です。画像でわかるとおり、日のあたるところ
は融け、日陰は冷蔵庫。
 天然性広葉樹林で、大雑把に言うと訪れる人たちが安全に、
かつ森のおもしろさを感じることを目的に施業しています。
(ピンポイントでは、かつてあったワラビが、またたくさん生えて
欲しいという要望と、ミヤマクワガタを増やしたい、という要望が
あります)

111215segyou1.jpg 

 久しぶりに仲間がいっしょだったので、先週、自分の姿を写して
もらいましたが。。。 改めてみると、すごい配色ですね。
 作業中に目立つことは大事ではあるのですが、あまりにも
意匠面を無視しています。

 などと、余計なことをあれこれ考えながら木を伐っていたら、
「カタン」と軽~い衝撃。直後にチェーンソーから変な音がし始め
ました。
 分解して調べてみると、おやおや、ガイドバー先端のローラー
(スプロケットギアと言ったりローラーと言ったりするようです)が
真っ二つに割れてしまいました。チェーンソーの刃は、高速で
この上を走る構造になっています。寿命でしょうか。
 仕方なく、バックアップの機械に持ち替えて、作業続行です。
何とか年内には完了させたい現場です。
 雪よ、降ってくれるなよ~

トラックバックURL: http://somabito-w2.blog.avis.jp/archives/709/trackback

“ローラー破損”への トラックバック ( No )

“ローラー破損”への コメント ( 2 )

  1. いつきさんの コメント

    ご無沙汰しています。いつきです。
    クワガタやカブトムシは直線的にしか飛べず、鳥のように枝から枝に小刻みに飛び移ることもできないので、かなり開けた環境でないと飛んで来れないそうです。
    クワガタ専門の業者をしていた方の受け売りですけどね。

  2. かなめさんの コメント

    いつきさん、貴重な情報をありがとうございます。
    こういうことが、ここの施業には重要なのです。

    ちなみに、私も以前、眼前で虫採りの神様のような人が
    帽子でパッと飛行中のクワちゃんを捕らえるところを見ました。
    そのときのクワガタはほとんど熱気球のような飛び方
    だったことを思い出しました。

    かなり開けた環境、ということは、まずたどり着くのは
    林縁部ということなのでしょうね。

コメント

(必須)

(必須)
(メールアドレスは公開されません)