校庭リンク整備

070108link1.jpg

消火訓練ではなく、校庭リンクの整備をしているところです。このブログは起業に直接関係することだけでなく、田舎暮らしをしている人の日常も描く、という意味で紹介したという部分もあるのですが、実は今日はもっと根本的なところで揚げさせていただきました。

 正月休みの最中に、学生時代の友達と飲む機会がありました。悪友曰く「おまえ、頑張っているのはわかるが、おまえのブログに書いてあることは、ちっともわかんないよ…」

 こういうコメントをもらうことができる、ということが幸せですね。Nよ、ありがとう。

 自分なりに判りやすく書く工夫をしていたつもりですが、省みるとどうだったのでしょう…。 たとえば「地域」という言葉。私の暮らしているところのような「地域」が消滅している都市に暮らしている人たちの、いったいどれぐらいの人が、私の伝えたいこの言葉の意味を的確に受け取ることができるでしょうか。

 この水まきの画像は、まさしく「地域」を象徴するひとつなんです。人口5千人たらずの村(と聞くと、村暮らしの人たちは「おお、そんなに暮らしているのか」と言う数字なのですが)は、子供のある家庭には、小学校のPTA役員が必ず一回は廻ってくるという世界なのです。
 温暖化の進んだ現在、氷点下ふたケタがあたりまえの場所だった地域で、数年前までは12月中に必ず凍っていた校庭リンクが凍らない。そういう非常事態には、校内スケート大会までに一日でも多く子供たちの滑る日をつくるために、親たちが交代総出で校庭のめんどうを見なければなりません。ちなみに、この水をまいている厚生部長さんは、暮れも正月も学校に詰めていました。

 Nよ、否、都会に暮らす皆さん。これを読んで、どんなことを感じられましたか。ちなみに、都市部では積極的な保護者が立候補するPTA会長の座は、当地では一般的にクジ引きです。少しオーバーな表現かもしれませんが、田舎のPTAヒラ役員は、都会の会長ぐらい。そして、田舎の親たちには、都会の役員ぐらいの学校での活躍の場があるように思います。

 リンク作りにはもちろんそれなりのノウハウがあります。それは確実にこの社会で伝承され、親たちが主体的に行う作業です。ひょっとすると、都会の学校にはそういう性質の作業は少ないかもしれませんね。

070108link2.jpg

どこの学校にも特色があるとは思いますが、たとえばこの機械! 動力噴霧器と言います。エンジンポンプの一種で、略して「動噴(どうふん)」。こういうものが学校に常備されているのも、校庭スケートリンクを持つ「地域」ならではのことでしょう。操作なんてチョロいもんです。だって、とうちゃんたちはみんな、たとえサラリーマンでも消防団の卒業生ですから。

“校庭リンク整備”への トラックバック ( No )

“校庭リンク整備”への コメント ( 5 )

  1. こーりきーさんの コメント

    よーーく
    わかってしまうのは・・(^^)
    同じ地方に住んでいるから。
    長野県同士だから。
    いえ
    きっと・・樹が大事。自然が大事。でも共存が大事。コミュニテイーが大事。だと思っているから。。
    かな

    でも
    自分のブログも
    わかりにくい極みなのかも・・
    気をつけてみよう!

  2. かなめさんの コメント

    >きっと・・樹が大事。自然が大事。
    >でも共存が大事。コミュニテイーが大事。だと思っているから。。
    >かな

    都市に暮らす人たちでも、多くはこういう感覚だと思うんですよ。
    でも、実感が足りないのかな。そういう機会が少ないのかもしれませんね。

    これら大事なものが、いつでもキチンと揃っているところである「田舎」がいかに大事か、ということになるのでしょうか。

  3. leafさんの コメント

    コメントでは「はじめまして」ですが、
    いつもお世話になっております、leafです。今年もよろしくお願いします。
    PTAや消防団の他にも、「田舎」では地域の中での仕事(と呼ぶべきか迷いますが、、)や役割がたくさんありますよね、お祭りとか農作業とか、、。
    それらに費やす時間や労力を考えると、各家庭の負担の大きさは都会の人々の暮らしとは比べ物にならないと思われるのですが、その分コミュニティーの有難味を感じることもできるんですよね。
    中でも私がこれは間違いなくメリットだと思うのは、大人たちのカッコイイところを子供に見せる機会が多いということです。東京育ちの自分は、子供の頃を振り返っても“大人は凄い、自分も同じことができるようになりたい!”と感じた経験があまりないような、、、(もちろん見えないところで色々な仕事はしてたはずですが)
    PTAの皆さんが苦労して整備された校庭リンク。そこでスケートが出来る子供たちは、周囲の人々に感謝することもできる子供たちになっていくのでしょうね。

  4. かなめさんの コメント

    leafさん、こちらこそ、いつもいろいろとお世話になっております。
    今年もそまびとをよろしくお願いいたします。

     個人のことをとやかく言いたくはないのですが、私は田舎に暮らす
    ようになった若い人たちが、あえて周囲と孤立無縁な生活をしよう
    としているところを見ると、気の毒に思えてなりません。周囲との
    関係の煩わしさに耐えきれず、山中に篭ってしまう都市からの
    移住者を見ていると、現代人が他者と上手に付き合ってゆく能力を
    失ってしまっていることに気付かされます。
     そんな現代人は、私の父母の世代から急速に増えてきたのでは
    ないかと思っています。と言うのも、leafさんのおっしゃるように、
    私は私の父が地域でカッコイイ様子を見た記憶がありませんし、
    何かにつけて「煩わしい付合いを避ける」ようにする姿を、子供の
    頃から見てきたからです。

     「周囲の人々に感謝することもできる子供たち」の育つところが
    この国で、これからも元気であってほしいと、心から思うのです。

  5. こーりきーさんの コメント

    >「周囲の人々に感謝することもできる子供たち」の育つところが
    この国で、これからも元気であってほしいと、心から思うのです。

    私も
    心から
    そう思います。

    PING:
    TITLE: 続:千葉県一番人気理由:配偶者の死と墓
    BLOG NAME: 田舎暮らし@最新情報【田舎暮らし情報満載】
    田舎暮らし千葉が、地域的には田舎暮らしで一番人気であり、その理由を紹介しました。東京などの大都会と田舎の農村のそれぞれの欠点を解消し、両方の良いところをそ...

コメント

(必須)

(必須)
(メールアドレスは公開されません)