下草刈りの検査

060818siga-kensa.jpg

 そまびとがヒノキを植えた個人所有の山で、下草刈作業への造林補助金申請のための検査に立ち会ってきました。先月草を刈ったのに、ご覧のように、もう青々とした山になっています。
 この現場は複層林といって、すでに大きく育っているカラマツの下に、ヒノキを植えたところです。
 矢印が、昨年植えたヒノキの苗です。こんなスピードで周囲の草や広葉樹が伸びてしまうのですから、従来の方法での造林には大変な人出がかかります。そしてこの現場での草との戦いは、夏がくるたびに、少なくともまだ5~6年は続くことでしょう。