うれしいお便り3 六年西組のカラマツ~

061118kansou.jpg

10月26日のブログに書き込んだ、地球温暖化防止の補助事業で、いっしょに木を植えてくれた担任の先生からメールをいただきました。

>おはようございます。
>記事(当ブログのこと)、読ませてもらいました。
>子ども達に作文を書いてもらったところ、
>「ぼくたちが大きくなったらまた見に来たい」とか、
>「楽しみにしている」とか書いてありました。
>「地球温暖化防止のためにうえたんだ」ということもかいてあり、
>なんだがうれしくなりました。
>杉山さんに関わっていただいたおかげと思っています。
>ありがとうございました。

 せっかくなので、雰囲気がわかるように感想文の画像だけでも掲載させて欲しいとお願いしたところ、たまたまPTAの会議で同席していたおとうさんから、文面の掲載OKまでいただくことができたので転記します。最初の種蒔きの時に、地球温暖化についての学習をした子供たちは、その後も忘れずに関心を持ち続けていてくれたようです。
 温暖化に限らず、環境問題を「託す」だけの大人であることに「居たたまれなさ」を感じます。しかも、広辞苑で「託する」を調べたところ、この言葉には”かこつける、ことよせる、口実にする”という意味もあることが記されていました。みなさんはどのように感じますか?

 
カラマツ2、3年物語 田中勇至

 6年西組のカラマツが、今日ついに森へ行く事になった。最初は種からはじまった。みんなでプランターに種を入れ、育てる事にした。目的は地球温暖化をふせぐため。二酸化炭素を木が吸ってくれるから温暖化をくいとめるらしい。

 そして1年がたち、芽が出てきた。2~3センチくらい。2年目、大きい芽では5~6センチになった。みんなでかんさつしてきろくしている。そして3年がたってようやく「夕日あたり」という所へ行く事になった。杉山かなめさんといっしょに、おなじ2~3年の、プロが育てたカラマツを植えた。すごく大きくて、ぼくたちのカラマツとはぜんぜん違っていてすごかった。

 そこでいよいよぼくたちのカラマツを植えるときがきた。プランター全部、いっきに植えた。大きくなるのは、あと30年後。早く育ってほしい。