新年度の臼田高校自然塾

公私共に予定がつまってしまい、書き込みがおろそかになってしまいました。その間には、実現したら大仕事になりそうな事業の種まきも含まれていたのですが、その報告はもう少し形が見えてからにします。

 1月15日の書き込みで紹介した、県立臼田高校環境緑地科主催の臼高自然塾が、新年度も開催されることになり、昨日はその打合せが行われました。今回そまびとがお手伝いするのは、以下の2回分です。

6月16日 佐久市臼田コスモホール周辺
「身近なところでバードウォッチング」

7月28日 臼田高校樹木見本園
「木の図鑑を作ろう」

 今までお世話になっていた、そまびとクラブのボランティアスタッフKさんに代わり、専従スタッフの今井と麻生が今回から講師として加わることになりました。小中学生が参加しやすい講座を目指しますが、広く一般の方も募集しますので、佐久市近辺の方はぜひご参加ください。募集が始まり次第、信州そまびとクラブのホームページでお知らせします。

 時代に逆行して、農林関係の学校への進学希望者が減っていると聞いています。生命に直結する産業を志す若者が増えるような働きかけを考えなければなりません。打合せでは、自然塾の他に、生徒対象の講座や単発行事への支援についても話し合われました。新年度は、これまで以上にお手伝いすることが多くなりそうです。