茗荷谷界隈

文京区大塚3丁目にある財団法人全林野会館、通称フォレストプラザ。昨日はその6階で行われた国民森林会議の拡大評議員会に参加しました。

 

 最寄り駅の茗荷谷から、旧教育大のあった教育の森を通り抜け(ここが実に気持ちの良い都市公園)、行ってきました。今回は3月14日に行われる総会のための打合せということで、様々な議案について検討が行われました。

 

 毎年、総会の日は午後から記念講演が行われるのですが、今年は長い間国有林に関わってこられた萩野敏雄先生の講演「ドイツ林学派外交官と、フランス林学派日本画家 -青木周蔵と高島得三-」に決まったそうです。なんだかとてもおもしろそう。それから充実してきた会のホームページについても新たなお知らせがありました。会誌「国民と森林」のバックナンバー2003年新春号からの目次が見られるようになりました。

090207yakusugi.jpg

フォレストプラザ入り口に置かれている屋久杉。樹齢2500年と書かれていました。我々の一生から考えると、ほとんど永遠という意味です