高能率搬出システム

佐久地域の素材生産業者(山から材木を出す人たち)が発起人となり、佐久地域高能率搬出システム開発グループが設立されました。要林産はまだろくに材木を出すことができないのですが、昨日、その設立総会に出席しました。経済的に入会金を払うことができない状況なので、信州そまびとクラブのふんどしをお借りしての出席でした。

 このグループでは、今後新たな機械システムの導入などを検討するために、機械デモを依頼しての勉強会はもちろんのこと、すごいのはおたがいの現場を見せ合う、ということも行うそうです。初代会長は森林組合、事務局と副会長は有限会社という布陣なので、生産業者のヨコの結びつきが強くなることは間違いないでしょう。今後が楽しみです。

 役員、規約や予算の確認の後、来賓挨拶に続き記念講演が行われましたが、この講演が実に時宜に合った重要なものでした。講演したのは林材ライターの赤堀楠雄さんで、近ごろの国内の新生産システムの動きや、大規模に木材を扱っているプレカット工場の情報やその工夫などを、画像によりわかりやすく説明していただきました。

 最後に、全国の林業を俯瞰している赤堀さんならではの重要なメッセージがありました。そのひとつに「現在の国内の人工林は伐期を迎えているものが多いが、ここでもし国産材が動き出して、持続的に木が必要になった場合、今の伐期齢の分布のままでは対応できなくなる。林業界は未植栽地問題を含め、次のアクションを考えて行動する必要があるのではないか」というものがありました。これは業界のみでなく、日本社会存続の根幹を成すものともいえることなのですが、はたしてこのメッセージを会場にいたどれほどの業者が「自分のこと」として感じてくれたのか、もしかしたら「伐ったあとは行政が考える、だからこのメッセージは出席している行政へのものだろう」という先入観を持つ人がいるのではないか、そんな心配をしながら会場を後にしました。