林業体験は雨、でも

東京の町田市大地沢青少年センターが募集した「川上村 子ども自然体験塾(林業編)」のお手伝いに行ってきました。こんなことを書くと叱られてしまうのですが、3年目を迎え、今回ようやく「学ぶことよりも、まず楽しんでもらうこと」が大切とわかり、また、とても嬉しかったこともあったので記録しておきたいと思います。

 今回は小学生30人が参加し、1日目は除伐体験。2日目は林内の歩道作りの予定でしたが、雨でクラフト体験に変更になりました。この事業の作業体験の素晴らしさは、何と言っても地域の大人たちが大勢で安全面の指導をしてくれることです。今年も、町田市の施設がある秋山という集落の林野保護組合の役員の皆さんが、付っきりで子どもたちのめんどうを見てくれました。この作業の中でやっと気づいたことがありました。それは、子どもたちにはとにかく森の楽しい思い出を持って帰ってもらうことが大切なのだ、ということです。実に当たり前のことなのですが、私はこれまで「林業体験」という言葉にがんじがらめになってしまっており、とにかく参加者全員に作業後の充実感を味わってもらうことを第一目標としていたのです。

 でも、よく考えてみれば、彼らの集中力を2時間以上も作業のためだけに集中してもらうなどということは、はじめから無理な話なのです。たとえば、森の中に展開し、1本目の蔓を切ったところから、ターザン遊びが始まってしまうこともあるのです。いままでこんな場面に遭遇すると「何とか本来の作業に戻さなければ」と、とにかく焦る自分がありましたが、今回、ヤマブドウの蔓から滴る水を夢中で飲んでいる子どもたちの姿を見たときに、私はこれまでの自分の間違いに気づきました。この気づきには、ある独特のシチュエーションがあったのです(実はここにいちばん感謝しています)が、そこは省かせていただきます。とにかくやっと目が開いた、そんな体験でした。

 

090524machida1.jpg
 2日目は降られてしまい、クラフト作りを行いました。作業の前に南佐久南部森林組合職員による、村の林業の歴史パネルの説明が行われたのですが、この光景が自分にとってたいへん印象的なものでした。この施設ができて10年以上が経過しましたが、ハード優先の事業が多い中で、以前からこうした森林組合職員によるソフト活用が行われることが私の希望だったのです。説明不足ではありますが、とにかく感動的でした。こういう機会を設けてくださった町田市の担当の方には、上記の気づきにも増して感謝しています。

090524machida2.jpg

 

090524machida3.jpg

子どもたちがこの施設でお弁当を食べる姿。何気ない光景なのですが、10年来の夢でした。