研修旅行

丸太を運び出したり、製材している業者のあつまり「新緑会」の研修旅行で、石川県と富山県へ行ってきました。

091111sinryoku1.jpg

 現在、私たちの地域の木材消費は、合板(ベニヤ板というやつです)メーカーが支えていると言っても良い状況です。そんな中、石川県の七尾市にある林ベニヤさんと、富山県にある港湾製材さんの工場を見学することが大きな目的でした。

091111sinryoku2.jpg

091111sinryoku3.jpg

 合板は丸太を薄く桂むきした板を重ねて接着剤でつないで作ります。その第一工程、ロータリーレースという機械で丸太がアッと言う間に細い棒になってゆきます。そのスピード、なんと150M/分 !! 上の2枚の画像の時間差は、たぶん5秒くらいです。

091111sinryoku4.jpg

 どんどん出てくる合板の材料。

091111sinryoku5.jpg

 少し赤っぽく見えるのが、接着剤のついた板です。このように一枚一枚重ねられてゆきます。

 1ヶ月に15,000立方メートルの丸太がこの工場に吸い込まれてゆき、1日に3万枚(12mmサブロク換算)の合板になって出てきます。
 同じ丸太でつながっているはずなのに、自分が日頃感じている林業と、この工場生産の規模のあいだには、言葉では表わせないほどの乖離があるような気がしてなりませんでした(そんなことを言っても、なんにもなりませんが...)。
 現在、我々にとっていちばん大切なお客様のひとつである合板メーカーさん。快く見学に応じていただいたのに、こんなへそ曲がりなコメントしかできない自分は、もっと素直にならなければいけませんね。
 設備投資と人件費と燃料代。合板1枚が500円~600円だそうですが、そのうち丸太の代金がいくらくらいなんだろう? 質問するのを忘れました。