研修会の反省

120220fwmeet.jpg

 12月20日、塩尻市にある長野県林業総合センターで、23年度に
行われたフォレストリーダーとフォレストワーカー研修の反省会が
ありました。
 
 主催の長野県林業労働財団の皆さん、道具や研修地の手配などで
お世話になった林業総合センターの皆さん、そして県の担当部署と
私たち現場実習の講師をやらせてもらった林業士(私は林業士では
ありませんが、林業技能作業士でそれに準じています)が集まり、
みっちり4時間。反省と、新年度へ向けての課題を話し合いました。
 
 一番問題だと感じたのは、どの研修も期間が長いため、職場の
現場に工程的に負担をかけながら受講する皆さんにとって、それでも
魅力的で意義のある研修にするには、どうすれば良いかという点です。
この点は、まだまだ講師の側に勉強する時間が必要だと思います。
 
 そしてこの1年、研修場所の確保ということも大きな問題でした。
伐木の研修では、センターの敷地をかなり利用させてもらいましたが、
ここでは様々な研究が行われているため、そのことへの影響が大きく、
大人数で研修に入ると、貴重なデータを採っている林内の環境が、
たちまち変わってしまうのです。
 また、下草刈や枝打ちの実習では、実習地を用意することさえ
できなかったため、新年度はそうした場所の確保に、県をあげて
力を入れてもらうことになりました。
 
 新年度は受講生が少なくなるので、遠隔地から通う私に声が
かかるかどうかはわかりませんが、いずれにしても、自分にとって
技術を人に伝える「伝え方」の勉強が足りないことがわかる経験
だったので、これを活かして、いろいろと研究してみたいと思って
います。