小田桐師範の本

12120612021952c.jpg

 三日ほど氷点下二桁の朝が続き、このままゆくと、この冬は
どうなってしまうのかと心配でしたが、一昨日あたりから寒さが
緩み、ほっとしています。昨日作業した現場では、すでに土が
20センチも凍っていたとのことです。

 さて本日は報告と宣伝です。私が生まれてはじめてマルマル一冊
お手伝いをした本が出版されました(と言っても、聞き手ですが)。
 6月にここでもお知らせした青森への取材でうかがった、これまで、
のべ1万人以上の林業従事者の指導を行って来た、指導の大ベテラン、
小田桐久一郎さんのお話しが、14日、本になりました。

 詳しくは全国林業改良普及協会のホームページをご覧ください。
http://www.ringyou.or.jp/publish/detail_1151.html

 すでにアマゾンでも販売されているようです。

 10日にも書きましたが、今日はこれから30キロほど下った町へ、
墓地の大きな木の伐採にでかけます。はるばる上伊那から、私の
先生たちが指導に来てくれる予定で、今夜はその皆さんと、稲子湯
という天然温泉の宿に宿泊します。

師走

 今朝は氷点下8度近くまで下がる厳しい冷え込みでした。いよいよ
現場でも長靴のお世話になる季節です。

 今行っている作業は、個人所有の広葉樹林の間伐です。長いあいだ
放置されたツルを切り、何年か前の湿った雪で、アーチ状にグニャリと
曲がってしまった木々を整理しています。

 個人的な好みで言えば、このように自然に出来た「天然生林」は、特に
所有者の意向がないのであれば、成り行きにまかせることで生き物たちの
暮らしやすい場所としておきたいのですが、これまた別の個人的な事情で
手入れをしています。
 
 この現場の他にも、待っていただいている現場が何箇所かと、年内
工期の公共事業がひとつ、そして、ボランティアも含めると6つの原稿が
宿題になっています(仙台にも取材におじゃまする予定)。それに加え、
今いちばん気がかりになっているのが、来週前半に計画している
佐久穂町での墓地の支障木伐採作業です。一番太いものは直径が
1m。倒すことができないので、昇って上から少しずつ処理しなければ
なりません。

 今年もまた慌しい暮れを迎えてしまいました。これ以上雪の落ちてこない
ことを祈りながら、空を見上げる毎日です。